代表取締役・認定補聴器技術者

大島 厚志

はじめまして、大島厚志(おおしまあつし)と申します。

パーソナル・データ

生年月日 1964年12月11日 辰年 いて座
誕生の場所 埼玉県秩父市
血液型 O型
身長 168cm
体重 72キロ
趣味 スポーツ観戦、水泳、読書、お酒、旅行、冒険
好きな歌 なごり雪(一番最初にレコードを買った曲)、神田川
好きな映画 幸せの黄色いハンカチ、名探偵コナン
感動したこと 水泳で4泳法が泳げるようになったこと

人生のミッション

自由に楽しく生きること。

プロフィール

私は大島厚志(おおしまあつし)と申します。
平成10年に、認定補聴器技能者の試験に合格。
一人でも多くの方に、快適な聞こえを提供して、お客様に喜んでもらう
を理念にし、補聴器の販売をしております。

子供の頃

小学生のころは、勉強より運動が大好きな子供でした。毎日、学校から帰ってすぐ遊びに行き、日が暮れるまで帰って来ません。地域のソフトボールチームに入っていて、放課後はいつでもソフトボールの練習をしていた思い出があります。その反面、勉強は大嫌いでした。イスに座って長時間いることが苦痛だったのかも知れません。また、照れ屋で内気な性格でした。(これは、今も変わっていませんが・・・)

人生の分岐点1(進路の決定)

最初の分岐店は、高校を卒業するころの進路を決める時期です。
成績があまり良くないと選択肢が少ないのです。そんなことに気づくのが遅かったのか、当時の私は、私なりに悩んだあげく、家業の眼鏡店を継ぐことを決め、眼鏡の専門学校に行くことにしました。今思えば、この決断が大きく将来に関わってくるわけですが、周りの環境や親に感謝ですね。しかし、本当に子供でした。

人生の分岐点2(補聴器との出会い)

5年間の修行の後、平成元年に秩父に戻ってきました。
それから3年後に、補聴器メーカー・オーティコン社の営業マンに出会うことになり、補聴器の素晴らしさを知ることになります。 そして、仕事を通じてお客様に助けられながら成長し、自分の進むべき道がハッキリと自覚でき、導いて頂いたような気がします。

今までの人生を振り返って

今まで、「偶然」というものにとても助けられてきたように感じます。
生まれながら家業があったことも、補聴器メーカーの営業マンに出会ったことも、社員に出会ったことも、
もちろん素晴らしいお客様に出会えたことも。

現在、秩父本店、熊谷店、本庄店、高崎店と4店舗を経営しておりますが、それぞれの店舗で、それぞれの社員がお客様と出会うことになります。きっかけは偶然でも、出会った後の繋がりが、お互いの人生をより豊なものにしていくのだと思います。 この偶然のご縁が、私どもとお客様にとって、かけがえのないものになりますことを願っております。